FC2ブログ

K125やめますか?それともキャバクラやめますか?

ψInter Continental Ballistic Missileψ [ICBM] 跡地

【K125】魔改造。



『魔改造』
とは、単なる改造ではない。そこに、人の愛と夢とロマンと若干の無謀さが入ったものである。


※『魔改造』Wikipediaより抜粋




『突然みんな大嫌い!電気の授業!』
はっじまっるよー(ぬるい声



K125には初期型をはじめ2型~8型、J・L・S型の全部で11の型式が存在する。
エンジンは様々な仕様変更があったが、大まかに初期型~J型はポイント式、L・S型はフルトラ式に変更された。

結果、L・S型はコンタクトブレーカーは廃止され無接点に、そして回転数に応じて点火時期を制御する、イグナイタが導入されたのだ。

シーラカンスのK125には不釣合いな、電子制御。
夢の様なシステムで安心安全かと思われたが、大きな落とし穴があった。



調べると『イグナイタ』の中に電解コンデンサが使われている事実。
だったらイグナイタの中身を開け基盤を出し、電解コンデンサをセラミックコンデンサに半田付けで置き換えてしまえば済む事だと思われた。
しかしイグナイタの基盤は完全にゴムで覆われ、ブラックボックス化されていると言っていい。

これではコンデンサがパンクした時点でイグナイタは故障状態。
コンデンサが交換できない為にその時点で完全に走行不能
ポイント式の様にパンクしたコンデンサを外して走行するという裏技も使えない。

俺の実体験でもあったように、走行不能時たまたまバイク屋が近くにあったりすればコンデンサの在庫もあるだろう。コンデンサならば車種の違うものでも大体は同じ容量だ。








旧車の仲間ともあれば、安価なものだし運良くコンデンサを持ってる人が居るかもしれない。


しかし『K125のイグナイタ』とピンポイントな部品となれば話は別。
たまたま見つかったバイク屋に在庫なんてあるわけ無い。
だがK125の仲間で同じ型式に乗ってる人が居れば、もしかしたら在庫を持ってる人が・・・











居るわけねーだろ、こんなクソタケーもんwwwwww
もし持ち歩いてた人が居たらサーセンwwwww



という訳で、ここから先は完全な自己満足で自己責任な記事を書くことにしましょう。






『強制退化の魔改造』
L・S型のフルトラ式のエンジンを、わざわざ初期型~J型のポイント式のエンジンに載せ換えてしまうという、K125設計者への冒涜。(もしくはアーマチュア、セルダイナモの載せ換え)

こちらは走行性能より耐久性能を重視した魔改造となります。

メリットとしては訳の分からない電子制御をアナログな回路にする事で、ツーリング中に不慮の電気トラブルを回避、且つトラブルが起きてもその場の修理で自走可能の希望が生まれます。


ここではポイント式のエンジンに載せ変えた後、L・S型のハーネスをそのまま使いポン付け使用する方法を説明します。

全くと言って良いほど誰得という事ではないのだが、K125マニアの方では特に強制退化大好きなisoさんとかisoさんとかisoさんとかもしかしたらもしかするのかもしれない。




『K125-S型の配線図』
画像サイズは大きくしてあるので、保存・印刷したい方はどうぞ。




『K125-5型の配線図』
KUROKI-TIさんの所からパクった物です。これを参考にちょちょいと配線図を手直しします。恐らくここら辺の型式はスズキですので大体同じ配線図でしょう。




『K125-S型配線図改wwww』
流石ぎんしどさん!著作権とか気にして俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ! そこにシビれる!あこがれるゥ!
削除される前にとっとと保存・印刷する事をお勧めするゥ!

では配線の説明と写真を交互に入れ、猿でも分かるように説明しようと思います。






まずはいらなくなるイグナイタを外して、すっきりさせましょう。
イグナイタはバッテリーの下の板下部に取り付けてあります。

イグナイタを取り外した後に残るこのコネクタは使う事がありません。何も聞かずに片隅にそっと一人にしてあげて下さい。
面倒臭い場合はイグナイタを取り外さず、そのまま残しても構いません。

そして取り外したイグナイタは、ヤフオクに出品しましょう。






エンジン側から来るコネクタを、ハーネス側のコネクタに接続します。色は同じなので間違う事も無いと思います。
こちらの配線はレギュレーターまで伸びています。






続けてエンジン側から来る青色の線を、ハーネス側の青色の線に接続します。色は同じなので間違う事も無いと思います。
こちらの配線はニュートラルスイッチの接点になります。






続けてイグニッションコイル側とハーネス側を繋ぐ、橙色の線と黒色の線を外します。
こちらはハーネス側になります。






こちらはイグニッションコイル側になります。






続けてエンジン側から来る黒色の線を、イグニッション側の黒色の線に接続します。
こちらの配線はポイントの接点になります。

更にハーネス側から来る橙色の線を、イグニッション側の橙色の線に接続します。良く考えたら先程外した線でした。ガッデム!

お互いに色は同じなので間違う事も無いと思います。






先程の接続でハーネス側に残った黒色の線は、ビニールテープなどで絶縁します。




『終了』
これにて強制退化の魔改造は終了です。これでポイントから点火する事のできるアナログ回路になりました。
配線の加工は一切行って無いので簡単で、やっぱりフルトラがいいんじゃぁという時には簡単に戻せます。


後は下記の記事を参考にして、



セラミックコンデンサに交換すれば完璧です。
安心で安全、耐久性抜群なアナログ回路を貴方に(はぁと

これで今年の浜松聖地巡礼は、無敵だね(・ω<)テヘペロ
スポンサーサイト



  1. 2016/01/20(Wed) 18:37:00|
  2. K125
  3. | Trackback:0
  4. | Comment:20
<<【K125】続・魔改造。 | Home | 【K125】幻の5速。>>

Comment

No title

太字で3回書かれた強制退化大好きなisoです
これはエンジン付き部品取りを落札した自分には貴重な情報ですね
ここまで詳しかったら自分でも出来そうです
後は・・・・実行力ですが、イグナイター予備2つ持ってて浜松の時も持参してたんですよね
けど2016年の新たな目標が増えました
  1. 2016/01/20(Wed) 19:05:00 |
  2. URL |
  3. iso
  4. [ Edit]

No title

流石はエレキテルJKシド子ですね!
それにしてもisoさん、イグナイターの予備をふたつ持って浜松にのぞんでいたとは…
  1. 2016/01/20(Wed) 20:08:00 |
  2. URL |
  3. S10お漏らし
  4. [ Edit]

No title

まいどぉ
「みんな大好き電気の授業」
3回ともサイコー特待生になりたい
教授よろしくお願いします
まだセラコンに手を付けていない
  1. 2016/01/20(Wed) 21:04:00 |
  2. URL |
  3. 軽トラ
  4. [ Edit]

No title

イグナイター持ってた組です。
しかしクランク粉砕

S型専用の電装は、何かと高いですからね。
レギュレターも旧タイプにしておけば、かなり安心出来ると思います。
チャージランプの線(赤緑)一本だけを加工すればOKなのです。
  1. 2016/01/20(Wed) 21:13:00 |
  2. URL |
  3. KUROKI-TI
  4. [ Edit]

No title

> isoさん
3型の部品取りを手に入れたisoさんにはタイムリーな話題だと思い、載せ変えた当時を振り返りながら配線を見てました
簡単に言ってしまえば、イグナイタから来る黒い線をポイントから来る黒い線に変えるだけなんですけどね
まさかイグナイタの予備を持っている人が居たとは・・・恐れ入りました
  1. 2016/01/20(Wed) 21:35:00 |
  2. URL |
  3. ぎんしど
  4. [ Edit]

No title

> S10お漏らしさん
配線図があればパズルのような物なので、良からぬ考えが浮かんできます
しかし本当にisoさんには驚かされますよね・・・まさか誰も持っていかないであろうと思うものをふたつ・・・流石組長様ですね
  1. 2016/01/20(Wed) 21:38:00 |
  2. URL |
  3. ぎんしど
  4. [ Edit]

No title

> 軽トラさん
まいどぉ
おぉ、軽トラさんは電気の授業が大好きでいらっしゃるんですねっ
今回の授業はセラコンの時と違い、現代のものを過去のものに置き換える退化ですが、シンプルな方が解決するのも楽ですよね
セラコンは遠出する前までに交換すれば大丈夫ですよ
  1. 2016/01/20(Wed) 21:49:00 |
  2. URL |
  3. ぎんしど
  4. [ Edit]

No title

> KUROKI-TIさん
イグナイタも低回転からやんわりと動くような感じで、優しそうですからね手放すのも惜しいですが・・・
実はレギュレーターも旧タイプに置き換える作業もやりましたが、赤緑を橙にぶち込んであげるだけだった気もします
すぐに壊れちゃったので元に戻しましたが、1枚目の写真のタンク下をご覧ください・・・ICレギュレーターでも熱対策はバッチリです
  1. 2016/01/20(Wed) 22:06:00 |
  2. URL |
  3. ぎんしど
  4. [ Edit]

No title

そこがミソで、赤緑と橙を繋ぐとショートなんですよ。
橙に繋ぐ間に、チャージランプを付ける事で、+から-に極性変更するのが正解です。

ピーナツタンクは、さすがスペースに余裕ありますね!
  1. 2016/01/20(Wed) 22:27:00 |
  2. URL |
  3. KUROKI-TI
  4. [ Edit]

No title

フルトラの方が安心安全のような気がしてしまいますが
確かにシンプルなアナログ回路の方が
トラブルになった時にも対処ができますね。
  1. 2016/01/20(Wed) 22:45:00 |
  2. URL |
  3. 貴仁
  4. [ Edit]

No title

> ぎんしどさん
間違いでした(>_<)
正確にはイグナイタとレギュレータを各1個の予備を持ってて、
(後はIGNコイルやスターターリレー)それを浜松の際に持参してました。
ぎんしど号のレギュレータ位置はイイですねd(^_^o)
自分もシート下とか、少しでも熱対策に有効な場所に移設しようかなぁ?
  1. 2016/01/20(Wed) 22:49:00 |
  2. URL |
  3. iso
  4. [ Edit]

No title

> KUROKI-TIさん
旧配線図見てたら、橙がプラスコモンだから赤緑ぶち込んじゃったらアウトですねwwwそれどころか別に要りませんねwwww

旧型は濡れるとやばそうなので、外には出せませんけどっ
  1. 2016/01/20(Wed) 22:59:00 |
  2. URL |
  3. ぎんしど
  4. [ Edit]

No title

電気トラブルでも倒せない!か…『神』だ!K…ぎんしどのK125は『神』になったんだ…!我々…人間は、か…『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!」(シュトロハイム)
  1. 2016/01/20(Wed) 23:05:00 |
  2. URL |
  3. 上尾のメグロ乗り
  4. [ Edit]

No title

> 貴仁さん
フルトラは走行性はいいと思うんですが、点火不良の原因追及の時にテスターを使っても判断しにくい点があるんです
電気は目に見えませんので、シンプルにして即座に原因が分かるものに置き換えられればベストですね
  1. 2016/01/20(Wed) 23:09:00 |
  2. URL |
  3. ぎんしど
  4. [ Edit]

No title

> isoさん
それでも電装系一式を持っていかれる用意周到さに驚かされます・・・
さ、流石ですッ
S型レギュレーターはフィン部分に風が当たるような所であれば、どこでも大丈夫ですよ雨に濡れるような場所でもへっちゃらです
  1. 2016/01/20(Wed) 23:14:00 |
  2. URL |
  3. ぎんしど
  4. [ Edit]

No title

> 上尾のメグロ乗りさん
そんなぎんしども童貞を捨てられなかった・・・

そして交尾したいと思っても交尾できないので、そのうち考えるのをやめた(カーズぎんしど)
  1. 2016/01/20(Wed) 23:21:00 |
  2. URL |
  3. ぎんしど
  4. [ Edit]

No title

そうか、単純にオミットでも問題なしだったんですね!
付いている線には繋がんとならないと思って、余計な事をしてしまった
  1. 2016/01/20(Wed) 23:56:00 |
  2. URL |
  3. KUROKI-TI
  4. [ Edit]

No title

> KUROKI-TIさん
そうなんですよ、赤緑は0Vなのでこれは絶縁しちゃって構わないと思うんです
そこで・・・記憶が曖昧なので不確かなのですが、この配線図を見ているとレギュレーターからバッテリーへの発電手段が無いんです。
恐らくレギュレーターから赤の線が出てて(そんな様な記憶があり)、ヒューズかスターターリレーに接続されていないとバッテリーのみで走行することになってしまいます
ですので、この配線図は間違っていることになりますね
  1. 2016/01/21(Thu) 00:11:00 |
  2. URL |
  3. ぎんしど
  4. [ Edit]

No title

・・・レベルが高くて、ワシには解らん~。みんな、すごい人だ(xx)
  1. 2016/08/16(Tue) 11:25:00 |
  2. URL |
  3. RAY
  4. [ Edit]

No title

> RAYさん
ブログ放置していてすいません
あれですよ、K125は壊れることが多いからお勉強するんですよ
でもやっぱ、電気って見えないから不便ですよね~
  1. 2016/09/21(Wed) 10:02:00 |
  2. URL |
  3. ぎんしど
  4. [ Edit]

Comment Post


Secret Comment

Trackback

Trackback URL
http://shidoooo.blog53.fc2.com/tb.php/229-4479af53
Trackback for this article(FC2blog user)

プロフィール

ぎんしどさん

ぎんしどさん
あえて言おう、カスであると!

mixiはこちらから。

カウンター

カテゴリー

過去ログ

最近のコメント

著作権表示

このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。                     Copyright (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.