FC2ブログ

K125やめますか?それともキャバクラやめますか?

ψInter Continental Ballistic Missileψ [ICBM] 跡地

【K125】神の一手。




『コンデンサのパンク』

という原因が判明した。旧車に無知な俺はまさかコンデンサなど使っているなどと夢にも思わなかった。
充電開放を繰り返す、シューティングゲームのような溜め撃ちをするコンデンサは、大体寿命が決まっているものなのだが、温度状況によって大きく異なる。実際はいつ壊れるかがわからない。しかしながら前兆はあった。『失火』と思われたソレが前兆だったのである。しかし前兆があってからパンクするまで、そう時間は長くなかったのである。




パンクすれば一気に走行不能に陥るコンデンサなのだが、意外と予備を持っているものは居ない。
しかも目に見えない電気回路、苦手意識が出るのは当然。


『最悪の展開』に俺のツーリングは断念せざるを得なかった。
地図で調べると幸いなことに佐原駅がすぐ傍だ。


これ以上皆に迷惑をかけることは出来ない。ここで俺を切り離し、当初のツーリングを楽しんでもらおう。そう思ったその時・・・





「ほたるえびさんの家がすぐそこで、旧車好きの彼ならコンデンサも持ってるかもしれません。ちょっと行ってきます。」

即座にそう言い放ったのは、主催の『S10お漏らしさん』だった。


藁にも縋る思いで待っていると、S10お漏らしさんが帰ってきた。
話を聞くと、どうやらほたるえびさんが行き付けのバイク屋さんに修理を頼んでくれたとの事だった。
しかもほたるえびさんは大変気遣ってくれて、仕事で忙しい中差し入れを届けてくれた。


ほたるえびさん、大変お世話になりました!有難うございました!!


暫く待っていると『青柳モータース』の青柳さんが軽トラで到着。
事情を説明すると快く修理に承諾してくれる事になり、軽トラにK125を積み込んだ。
幸いなことにK125の停止した焼肉屋から車で2分。その間に青柳さんは俺に尋ねる。

「坊主、どこから来たんだ?」

「群馬です。群馬県の太田市です。」













『抱かれてもいい。』
写真は撮っていなかったが、こんな感じのイメージである。





お宝が沢山眠ってそうな井出達の『青柳モータース』に到着。
青柳さんは店の中に入り、奥のほうから古びたコンデンサを持って、フッと息でホコリを払った。

「取り敢えず家に帰るまでの間だ。多分パンクはしない筈だ。」
俺に注意を告げ、ドライバーを手にした。





『神の一手。』

とも見えたその手さばきは、時間を経過すると疲れが見え、コンタクトブレーカーの小さな遠心カムをポトポトと落とし始める。
老眼か!そんな思いが立ち込める。しかしジワリジワリと作業は進み、やがてコンデンサは交換された。


そう、いつだって大丈夫だったじゃないか。息を吹き返してくれ、俺のK125・・・


グボボボボボボ・・・・




















『マイィィィーン!・・・メンメンメンメン・・!!』

御馴染みの産声を上げ、元気に息を吹き返す姿があった。






「元気だろ?なぁ坊主。そいつぁなぁ・・・」














『HONDAの魂。』

を移植し、SUZUKIのK125は蘇った。しかし、この気持ちは何だろう。悔しいけど感じちゃうのは、こういう事だったのだろう。


そして最後に気になるのは『おいくら万円』なのか。
出張・引取り・修理・CB750のコンデンサ。
数々の条件が重なり、俺の心臓の鼓動はドクドクと高鳴っていった。
980円で買ったハムスターが調子を崩し、動物病院で手術をしてもらった結果、5万円の手術代。プライスレス。

そんな過去が脳裏をよぎった。











『抱かれてもいい。』

こんな魅力のあるバイク屋が常連だという、ほたるえびさんが羨ましくなった。

料金を支払い、店の前に置いてある水冷ハスラー125に目が行く。
聞いてみると青柳さんが乗っているらしい。


「ハスラー乗るなんて、やっぱり青柳さんもSUZUKI好きなんですね!!」


「そうだな、SUZUKI、SUZUKIはな・・・」















『言葉を濁す。』

青柳さんの姿がそこにあった。今度お土産でも持って遊びに行こう。そう思えるバイク屋なのであった。






この場を借りて言いたい事。

一緒になって導通を計ったり、色々お手伝いして頂いた風来坊さん、貴仁さん、yitengさん。
素敵なバイク屋を紹介して頂き、お世話になったほたるえびさん。
最後まで見捨てず、温かく見守ってくださったツーリングメンバーの皆さん。

そして何より最初から最後までツーリング初心者の俺を英国紳士のように気遣い、そして最良と思われる判断をして何から何までサポートしてくれたS10お漏らしさん。

自分ひとりでは何も出来ませんでした。

本当に有難う御座いました!

まだ続く。
スポンサーサイト



  1. 2015/10/13(Tue) 14:05:00|
  2. K125
  3. | Trackback:0
  4. | Comment:10
<<【K125】虫の息。 | Home | 【K125】To LOVEる ダークネス。>>

Comment

No title

いや~読んでてイイ話ですね!
ちなみに今新幹線で浜松通過しました(^_^;)
  1. 2015/10/13(Tue) 14:17:00 |
  2. URL |
  3. iso
  4. [ Edit]

No title

ほたるえびさんと青柳モータースさんに御礼行脚しましょう

お供させてもらいます!
…もちろん弁当も
  1. 2015/10/13(Tue) 15:48:00 |
  2. URL |
  3. S10お漏らし
  4. [ Edit]

No title

> isoさん
本当に54クラブの結束力と言ったら、誰にも敵わないって感じがします
何より皆さんが暖かかったです
浜松はほんと思い出の場所として、傍を通るだけでジーンとしますよね
  1. 2015/10/13(Tue) 21:46:00 |
  2. URL |
  3. ぎんしど
  4. [ Edit]

No title

> S10お漏らしさん
勿論ですお供是非宜しく御願いします
その時の為にも、フルメンテナンスくれて挑もうと思います

・・・今度はマイ割り箸持って行きます・・・
  1. 2015/10/13(Tue) 22:00:00 |
  2. URL |
  3. ぎんしど
  4. [ Edit]

No title

いいはなしだな〜(チン@握りながら)
  1. 2015/10/13(Tue) 23:42:00 |
  2. URL |
  3. har*****
  4. [ Edit]

No title

竜さん!男前ッスね♪(´ε` )
CB750のコンデンサーを使うなんて最高ッス!

無事に生還おめでとうございますッス♪( ´▽`)
  1. 2015/10/14(Wed) 10:45:00 |
  2. URL |
  3. 砂肝
  4. [ Edit]

No title

> har*****さん
なんだwwwwイカ君じゃんwwwww
どこの業者コメントかと思ったよ
プロフィール設定から表示名設定してよ
  1. 2015/10/14(Wed) 14:18:00 |
  2. URL |
  3. ぎんしど
  4. [ Edit]

No title

> 砂肝さん
ありがとうございます
青柳さんは年配の白髪の方ですけど、イメージ的には湾岸ミッドナイトの北見のおっちゃんみたいな感じです
コンデンサを奥から出してきて息をフッてかける様子は、駄菓子屋の奥から古びたミニ四駆でも持ってくるかのようでした
  1. 2015/10/14(Wed) 14:22:00 |
  2. URL |
  3. ぎんしど
  4. [ Edit]

No title

当日はお疲れ様でした。

あれから銀シド号の調子はイカがでしょうか?

一番若いS型として、銀シド号には皿にハッスルしていただきたく思います。

自分のコレダは、ちょっと入院するかもなんで(ー_ー;)
  1. 2015/10/14(Wed) 17:47:00 |
  2. URL |
  3. 水戸の天狗
  4. [ Edit]

No title

> 水戸の天狗さん
お疲れ様でした
ぎんしど号、捨てたくなるほど不調でございます
そうですね、一番若くてピチピチボデーなので頑張って直します
あれ何か不調なんですか
自分に出来ることがあったら言って下さいね
  1. 2015/10/14(Wed) 23:45:00 |
  2. URL |
  3. ぎんしど
  4. [ Edit]

Comment Post


Secret Comment

Trackback

Trackback URL
http://shidoooo.blog53.fc2.com/tb.php/212-cc7aeee4
Trackback for this article(FC2blog user)

プロフィール

ぎんしどさん

ぎんしどさん
あえて言おう、カスであると!

mixiはこちらから。

カウンター

カテゴリー

過去ログ

最近のコメント

著作権表示

このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。                     Copyright (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.