FC2ブログ

K125やめますか?それともキャバクラやめますか?

ψInter Continental Ballistic Missileψ [ICBM] 跡地

海賊と東地中海の名物料理集。

czvw3346a.jpg

我が商会「ICBM」は、現在「カリカット2番商館」に移転。
商会員限度数も50人と増え、現在商会員募集中である。
現在の商会員数は33人。多国籍商会ではあるが、ヴェネツィアの魅力を感じヴェネツィアに亡命するものも少なくは無い。
ポルトガル国籍もいれば、イスパニア・イングランド国籍の者も居る。
国の意識を特に強く持たないICBM商会員にとってICBMは一つの国家である。
一つに纏まったICBMは家族。皆が一人一人を家族とみなして過ごしている。

商会員募集中とは言っているが申請の来た方には、あるいくつかの質問をしている。
その質問に疑問を持ったり答えられない方に関してはお断りをしている。
数十名の方をお断りしていますがそれでも入会したい方。俺の質問の意味が分かったら、いつでも申請してください。

33人の家族。多くも無く少なくも無い。抜けた者や消えた者も居る。

試練を乗り越えて家族となった者の数である。





その「ICBM」が、ヴェネツィアに商会を構え、まだ商館も持っていないときの話。






今回の話は賛否両論あるだろう。
いつものネタの話ではない真面目な話なので、興味の無い方には詰まらない記事となる。
長い記事になるので見たくない人は見ないほうがいい。






czvw6620.jpg

現在のヴェネツィアは、当時の頃と比べ活気に溢れていなかった。
大海戦と言う物は、現在のように連盟が無く旧3国家の為の「いくさ」であった。
その為有能な軍人は居らず、趣味の国家として見られていた。
発展度の少ない首都では現在のようにアドリア交易も出来なかった。
胡椒という交易品がヴェネツィアにはあるため、カリカットの安価な胡椒は交易品としては役立たず。
危険を冒し遠方まで宝石を購入し、帰還するという手段しか無かった。
新規キャラがヴェネツィアに作れるようになり新規キャラがヴェネツィアで始めるかと思ったが、悪魔のような逆風のアドリア海に何人もの脱落者が出てヴェネツィアを去っていく者も少なくは無かった。


そんなヴェネツィアの広場で俺は、一人の初心者がバザーをしているのを見かけた。
バザーの内容は、今となっては覚えていないが低級料理だったと思う。
ピザ以下の料理は必要としなかった俺にとって、それはまったく必要の無いもの。
興味の湧かないバザー内容をささっと見てその場を立ち去ろうと思ったその時、



○○>お料理はいかがですか?



「参ったな・・・。」

放置バザーだと思っていたその人はきっちり中身が居た。
まったく欲しくない物だし、断わろう。無言で立ち去るのも余りにも無礼だと思ったので一言言って立ち去ろうと思った。



ψ銀髪の紫冬ψ>ごめんな
ψ銀髪の紫冬ψ>ピザより下の料理は欲しくないんだわ


ψ銀髪の紫冬ψは○○にお辞儀をした



「さて、ヴェネツィアに投資もしたし東に行ってまたPKして投資資金稼いでくるか~」

と思った瞬間



○○>ピザのレシピが無いんですよ;;


「うわ、頼むからこの子話しかけないで欲しいなw返答に困るじゃねーかw」

「まぁ暇だし、見たところヴェネ初心者ぽいから少し話しに付き合うかw」



ψ銀髪の紫冬ψ>なんてレシピでピザが作れるん?

○○>東地中海の名物料理集って名前のレシピですね
○○>投資レシピらしいのですが
○○>投資するほどのお金が無いのです;;




「ん?まてよ。さっき投資したときになんかレシピ貰ったな・・・」







所持品を見ると、






東地中海の名物料理集

おkwwwwwww俺ネ申wwwwwwwww


当時のヴェネツィアのしょぼい発展度を何とか上げようと、俺はちょこちょこ投資を繰り返していた。
店売りしては投資するたびに貰えるしつこいレシピだとは思ってた。
生産などしない俺にとって、このレシピは無用の長物。腐るほど手に入るのである。



ψ銀髪の紫冬ψ>なんか
ψ銀髪の紫冬ψ>そのレシピもってたわ
ψ銀髪の紫冬ψ>いらないからあげるわ

○○>そんな訳にはいきませんよ
○○>本当に欲しかったレシピですからお金は払います

ψ銀髪の紫冬ψ>いやどうみても初心者だし貰っとけw

○○>では今売ってる私の料理と交換ってことでどうでしょうか?

ψ銀髪の紫冬ψ>はいはいwおkpk




彼女の売っていた料理は正直欲しくなかった。
ピザと鶏ニンニクしか使わなかった俺にとって荷物枠を圧迫するもの。
でもこの料理は低レベルな彼女にとって、必死に作った料理に違いない。
俺はその料理と「東地中海の名物料理集」と交換をした。

その後、広場のベンチに腰かけ20分ほど話をしただろうか。

商会に属していない彼女に商会に入ることを勧めた。
商会という枠に入ることにより上級者の方から色々な支援等してもらったり仲間が出来る。
メリットは十分あるという話をした。
勿論PK推奨商会「ICBM」には勧めなかった。というのも生産に関しては無知な連中しか居なかったときである。
しかし彼女は、なるべくならこの大航海時代という世界を自分の手で進んで生きたいと言った。
その為にも商会には属さず、一人でやっていきたいと言った。

そんな彼女の気持ちを尊重し、その場から立ち去ろうとした。



ψ銀髪の紫冬ψ>あ
ψ銀髪の紫冬ψ>フレンド申し込んでいいかな?

○○>よろこんで^^

ψ銀髪の紫冬ψ>ヴェネのフレンド4人目だわ^-^

○○>私は紫冬さんが初のフレンドです^^



当時まったく人口の居ないヴェネツィアのフレンドは貴重だった。
はるかっち、トマト、H・O・shineしかヴェネツィアのフレが居なかったときだ。

彼女にとって初めてのフレンドということで、ちょっぴり独占した気分で居たのは内緒だ


当時からフレンドは茶室に誘い、色々な情報交換をしていた。
一人でやっていきたいです、と言った彼女にはお節介になると思って茶室にはお誘いしなかった。





特にそのまま彼女とはなかなか会うことも無く、ログイン状態を見ると極端に少ない時間をプレイしている様だった。



幾日経っただろうか、いや幾月だっただろうか。

彼女から初めてのtellが来た。




○○ >>>紫冬さん、こんばんわ^^
>> ○○>コン(*´ρ`)ヴァウアー
○○ >>>ピザ作れるようになりました!
>> ○○>おおおおおおおおおおおお
>> ○○>やったなぁw
○○ >>>これも紫冬さんのおかげです、有難う御座いました
>> ○○>いやいやw○○が一生懸命頑張った証拠だよ
○○ >>>やっと商用ピンネースにも乗れるようになりました^^
>> ○○>おーすげーなw俺なんか未だにアラガレだわw
○○ >>>ピザ作ったので届けに行きますね
○○ >>>アテネにいらっしゃるみたいですね
○○ >>>もうシラクサからそちらに向かってるので届けますね
>> ○○>わりーな
>> ○○>んじゃまってるわ









どうして








あの時俺は迎えに行かなかったのだろうか








そのまま彼女はオフラインのままになった。






















数日後彼女がオンラインになりtellがきた。



○○ >>>この間はお待たせしているのに落ちちゃって、すいませんでした
>> ○○>お、どした?
○○ >>>アテネに向かう途中にPKされちゃいました;;
>> ○○>あ?誰に?



暫くの沈黙があった。彼女は俺にはその名前を言いたくなかったのだろう。



○○ >>>せっかく紫冬さんに頂いたレシピ収奪されちゃいました
○○ >>>私ってバカですよね、あんなに大切なもの銀行にしまうなりしておけばよかったのに
○○ >>>突然落ちちゃってすいませんでした
○○ >>>あの後もう自分がバカみたいで
○○ >>>涙がでちゃって
○○ >>>とてもゲーム続けられない状態でした、すいません



確か当時はバインダーが実装されていなかった気がする。
調理を覚えるにつれ、必要になり妙に増えるレシピ。
戦闘も冒険もまだ経験していなかった彼女には、爵位はまったく来ない。
銀行枠もほとんど無かったような彼女にとってレシピの管理は大変だったに違いない。



>> ○○>ちょいまじで誰だよ
>> ○○>俺が奪い返してくるわ
○○ >>>紫冬さん、私数日間色々考えました
>> ○○>ん?
○○ >>>私、きっと強くなってあの海賊から奪い返します
>> ○○>お
>> ○○>ちょっと今惚れたかもしれない(/ω\)
○○ >>>色々目標がありましたが
○○ >>>私は●●●●●●を討伐できるように頑張ります
>> ○○>あーあいつかぁw



当時多大な悪名を持つ、凶悪なフランス某PKの名前だった。



>> ○○>んとね
>> ○○>ハ●ロックってちょっと痛いブログ書いてる奴がいるんだけど
>> ○○>一言だけいい事書いてあってさ
○○ >>>はい
>> ○○>ちょっとまっててw


>> ○○>レベルにもスキルにも上限は有ります。頑張れば同じ土俵に立てちゃいます。PKも自分達なりに色々工夫して、少しでも差をつけようとあらゆる面で努力はしてる。そこに強さがあるんじゃないかとボンバーは思うのです☆


>> ○○>これだ
>> ○○>ボンバーとか意味わかんねーけど書いてることはもっともな事だ
>> ○○>○○はきっと強くなれる、その気持ちがあればな
○○ >>>はい
○○ >>>頑張りますので応援してくださいね^^
>> ○○>あたりめーだよ
>> ○○>んじゃ
>> ○○>そのピザは自分で使えよ
>> ○○>海事やるとすぐ無くなるぞw
○○ >>>いえ、このピザはお礼なので受け取ってもらわないと困ります
>> ○○>んじゃ
>> ○○>○○が●●●●●●を討伐したときに
>> ○○>腹いっぱい食わしてくれや
>> ○○>それまで俺は腹すかせて待ってるわ^w^



俺からすれば、いとも簡単に手に入るレシピ。
彼女からすれば、なかなか手に入らないレシピ。



価値観は違えど、彼女からすれば大切なレシピだったに違いない。
そのレシピを奪われたのだから、気持ちは察する。

しかし彼女は復讐心で立ち上がったのではない。
このエンディングの無いMMOで、彼女は目標を作ってその道に突き進んだのである。




















WS000633.jpg

>> ○○>キタ━━━━ヽ|( ´Д` )|ノ━━━━!!!!
>> ○○>戦列艦キターヨ!!!!!11!!1!
○○ >>>おめでとう御座います!
○○ >>>私も昨日重ガレーに乗れるようになりました^^v
>> ○○>おおおおおおめええええ!
>> ○○>早速紀伊国屋のおやっさんに作ってもらうようにいっとくわー
○○ >>>すいません、是非お願いします^^


>> ○○>○○さ、壺行っちゃえばいいじゃん
○○ >>>いえ、ここまでソロで来たのでこのまま頑張ります^^v




目標のある彼女の意思は、とても強いものだった。

俺みたいに次のレベルまでの経験地




NEXT52000

とかいう数字みても、やる気満々だと思う。

ちなみに俺は壁にぶち当たった感が強かった。








そしてこの間行われたアルギン戦。









俺が見たのは、○○が目標としていたフランス某海賊の旗が









「ヴェネツィア」の旗を掲げている姿だった。

その海賊はもう2度とPKをしないとブログに書いている。
その意思は強いものだという事をブログで主張している。












言えなかった。








しかしそれは隠し続けることは出来ない、いつか分かってしまうもの。

その時が来てしまった。
















○○ >>>紫冬さん
○○ >>>●●●●●●さんのブログ読みました
>> ○○>ああ
○○ >>>もう海賊しないらしいですね
>> ○○>らしいなぁ
○○ >>>私なんだか疲れちゃいました
○○ >>>なんだかすいません
○○ >>>今日はもう寝ますね

















○○ >>>また会う日まで^-^

>> ○○>ちょい
>> ○○>まてよ

○○に対するチャットは届きませんでした




















その後彼女は、現在もオフラインのまま。















PKという行為は下劣で非道な行為である。
俺もこの世界観でその下劣で非道なPKを演じている。この世界では現実では犯罪とみなされる行為を自由に個人の意思で出来る。

しかしそれは大罪である事。その大罪を犯したものはリスクを背負って生きていかなければならない。

その大罪は、悪名として積み上がる。





だけど、その大罪を犯したものに余りにも低リスクではないか?と思う。

悪名10000オーバーのものが、現実の世界時間数日間でその悪名は消えてしまう。

俺も現在は模擬と大海戦に明け暮れ、5000あった悪名もすっかり1000以下になっている。





彼からすれば軽い気持ちでの海賊行為だったのだろう。
しかし現在の彼の行為、PKKという行為には賛同するものも居る。その意思は強いものであると言う。
彼に対する事を、どこかのブログで拝見した。



弱きものに向けてた剣を強き者に向け戦いだした。
彼に賛同するものも立ち上がった・…




その弱きものが、海賊に剣を向けようと努力をしていた。
毎日限られた時間でそれはゆっくりと、ゆっくりと目標に向かって突き進んでいた。

正しいも正しくないも無い。個人の意思で自由な行動の出来るこのMMO。
彼が何をしようと彼の勝手である。



















czvw2345.jpg

俺は覚悟無に海賊をやっているわけではない。
自分の下劣で非道な行為をする海賊だと、それに比例するだけのリスクに対する心構えを持っていきたい。







こんな俺を目標として、立ち上がってくる若人がいつか俺の前に姿を現すまで






俺は海賊でありたい。





グレートパイレーツという旗の下に





嘘偽りは無い。

























今白ネームだけど。
スポンサーサイト



  1. 2006/06/28(Wed) 00:10:08|
  2. DOL
  3. | Trackback:0
  4. | Comment:36
<<白馬に乗った王子様。 | Home | ナースコール。>>

Comment

思い出したよ。
昔、UOでPKされ、身包みはがされ、リアルで泣いてたことを。
強くなって、いつか仕返しをと頑張ってたことを。
あの頃は、物凄い純粋だった。

悔しさをバネに立ち上がれるかどうかって、凄い分岐点だと思う。
その強さがあるんだから・・・・
また帰ってきて欲しいと切に願う。
オレは直接知らないけど。

純粋だった頃を思い出して、ちょっとセンチな気分になっちゃった(*ノノ)
  1. 2006/06/28(Wed) 00:38:32 |
  2. URL |
  3. へり
  4. [ Edit]

ずっと偏見ナ目で見ていた海賊さん
でも今は海賊さんの居るICBMにいるあちゅ。
不思議な事にここには嫌な人が居ない事。
みんな温かくて家族そのもの。
不安を抱えてれば優しい声をかけてくれたり
気持ちを楽にしてくれる
パパやママ おにーさんやおねーさんたち。
自分が1番年下だと思ってるのは仕様。
あちゅはICBMが大好き。
何が言いたいのか
日本語おかしいけど
気持ちが伝わってくれると嬉しいです。
  1. 2006/06/28(Wed) 00:41:41 |
  2. URL |
  3. あちゅ
  4. [ Edit]

ICBMにお世話になってから、まだ1ヶ月
「海賊コワイ、海賊キライ」と思っていた自分が、まさかICBMに入隊するとは、考えてもみませんでした(正直w)
ボスに茶室に誘ってもらって皆と話すうちに、周りの暖かさにどんどん引かれていく自分がいました。
ここで私も「仲間」として行動してみたい、この欲求が日々増していきました。

ノーテンキなようで会員にシッカリ目を配っているボス!
そしてさりげなく補佐してくれる先輩達!
まだまだ、私はフォローしていただくことばかりですけど・・・
いつの日かお役にたちたいなと思います、「家族」のために!
  1. 2006/06/28(Wed) 01:10:01 |
  2. URL |
  3. ちゃちゃ
  4. [ Edit]

思い出したよ。
東地中海で、冒険者やってて、PKされたのがくやしくて、海事LV上げて、
大海戦出て、有名軍人に負けまくって、
そうしておいらはPKKになったんだったなぁ。
商会員や冒険者を守るために・・・・

今のおいらのスタイルは変わっちゃったけど、ついでに色も変わっちゃったけど、
でも、目指すものがあることは大切だよね。

シドっちにちと惚れたわw
  1. 2006/06/28(Wed) 02:33:55 |
  2. URL |
  3. くにまる
  4. [ Edit]

 ●の数とフランス海賊の時点でわかりましたが、間違いなく私の事でしょう。私も海賊するという事に覚悟も持っていたし、誇りも持ってました。
 自分も似たような事あるんだけど、PKされてそのPKをいつかこの手で討ってやろうと海事に突っ走り、ようやく追いついたと思ったその矢先にそのPKは引退・・・。

 今では白くなっているけど、色つきのフレと行動する事も多いので私を討伐できる機会はまだ残っていると、その方がインしたらそうお伝え下さい。もっとも白い自分を討つ事は本意ではないでしょうが。

※ 私がPK始めた頃はバインダー実装されてました。
  1. 2006/06/28(Wed) 14:20:55 |
  2. URL |
  3. トロンベ
  4. [ Edit]

おいらは始めたばっかの時、小五郎にPKされてリベンジしようと思った時にはいなくなってたぉ!w

ICBMは”ぶっとんだ野郎ばかりの商会”になってくださいn

PS.そろそろ彼のこともblogで書いてください
  1. 2006/06/28(Wed) 15:45:13 |
  2. URL |
  3. いさ
  4. [ Edit]

(  ̄ー ̄)*キラン

俺が初めてICBMに出会ったのは、
ファマガスタ沖です。
俺はハーロック艦隊下にいてICBMと一戦交えました。
それが今はICBMの一員です。
俺が申請だした時、
紫冬さんがよく許可だしてくれたものだと、
今でも感謝してます。
ICBMに来て本当によかった...
ICBMに来て俺の世界は広くなりました...
ICBMに来て素敵な仲間が増えました...
最近、戦闘つえぇぇぇぇなやつらが増えて、
軍人一辺倒の俺の出番はあまりないけど、
これからも、よろしくです...
  1. 2006/06/28(Wed) 18:30:09 |
  2. URL |
  3. ロブ
  4. [ Edit]

記事の中身もなかなかのモンだけど、コメントを見て思う。シドよ、アンタ立派な海賊だ。
その姿勢に惚れてついて来てくれるンが33人もいるたぁ、誇らしいことじゃぁないか。

何時ぞやウチの門を叩こうとした事もあったが、今じゃICBMはヴェネチア有数の商会。ウチとは比べ物にならない規模になっちまったもんだなぁ。いや、感無量だ。
  1. 2006/06/28(Wed) 20:59:02 |
  2. URL |
  3. Vecta
  4. [ Edit]

あなたのフレが海賊に仕返ししたいって強い気持ちで海事修行してたのと同じように、その元海賊(内容からSさんかTさんかな)も強い気持ちがあったからこそわざわざフランスからヴェネへ亡命したんでしょう。すれ違いがあってもどかしい気持ちは十二分にわかりますが。
この2人だけじゃなくて、プレイしてる人皆全てがなんらかの強い思いをもって、その上で行動してるわけです。
相手が引退してしまったなら、これはもう仕方ない。別の目的をみつけるしかないです。しかし相手がまだプレイしてるのであれば、あきらめるのは早すぎると思う。そのフレだって、そのためだけにゲームをしてたわけではないでしょうし。
  1. 2006/06/28(Wed) 21:03:55 |
  2. URL |
  3. 名も無き航海者
  4. [ Edit]

一人一人にドラマがあるのがMMOですが
なんかジーンときちゃいました(;´Д`)

またそのコが復帰するといいですね。
  1. 2006/06/28(Wed) 21:35:29 |
  2. URL |
  3. legarea
  4. [ Edit]

ICBMじゃないのに

何故かICBM所属だと思われ
「あれっ?ICBMじゃないんだ?」とキャラ見て言われたりする

そんなおれは キモチダケICBM |彡サッ

  1. 2006/06/28(Wed) 23:54:02 |
  2. URL |
  3. おれんぢ
  4. [ Edit]

俺もババガレ海賊時代に重ガレー乗ったPKKとお供のババガレ2隻に囲まれてやられたことがあった。必ず復讐してやる、と強く思ったもんだw

レアルに乗れるまで3ヶ月かかったかな。仇敵を見つけて襲いかかり、撃沈には及ばなかったが敗走させたときはここまでこれたんだなあ、って感慨もひとしおだった。

その後随分経ってからENGのPKKに襲われたときはもの凄く悔しかったが、結局復讐することはなかった。オレンジであることにプライドがあったしね。

・・・訓練中に色あっさり落ちるのは悩ましいね。
商船襲うより後ろめたいのは何故だろうw





  1. 2006/06/29(Thu) 01:52:48 |
  2. URL |
  3. アレイル
  4. [ Edit]

・・・・・・。


己を捨て、いざ狂気の刃とならん・・
  1. 2006/06/29(Thu) 04:18:50 |
  2. URL |
  3. 失われし時
  4. [ Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/06/29(Thu) 15:39:12 |
  2. |
  3. [ Edit]

私も始めてPC海賊に襲われた時に『停戦協定』を連打してたのを思い出しましたっ!(/ω\)
  1. 2006/06/30(Fri) 11:26:57 |
  2. URL |
  3. るぞん
  4. [ Edit]

また会う日までさんには、新たに目標を見つけてがんばって欲しいね。

前に進めば道は見つかるよ。。
  1. 2006/06/30(Fri) 20:11:31 |
  2. URL |
  3. はるかっち
  4. [ Edit]

しどさんの、ヴェネの4人目のお友達、もう一度復帰してほしいですね。
レシピを取り戻すために強くなって、目標が消えちゃったら、ダメージも大きいと思いますが。。
彼女は、もう十分自力で歩んできたと思います。

もう一度オンラインになったら、
あんまりプレイスタイルを強要とか好きじゃないですが、
今度は、艦隊組んで料理つくったり、艦隊で戦ったりしてみてほしいなって思います。
  1. 2006/06/30(Fri) 23:19:02 |
  2. URL |
  3. H・O・shine
  4. [ Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/07/01(Sat) 05:21:18 |
  2. |
  3. [ Edit]

腹がでてるペンギンの人からこんなんまわってきたんで
銀髪の人にも投げつけます!


『ブログバトンルール』
①1.2.3で回してくれた人の質問に答える。
②4で次の人への質問を3問考える。
③5でバトンを渡してくれた人にメッセージ。
④6でバトンを回す人3人。


おいらからの質問!!!
①目の前に、ポルトガル、イスパニア、イングランド、フランス、ヴェネチア、ネーデルの沈みそうな船があります、(どの船も知り合いではありません)あなたは、その船を3隻まで助けなければいけません、どの国の船を助けますか?

②自分の所属してる国が連合投資、さらには連合封鎖網にあい壊滅状態になりました、あなたならⅠ他国に亡命する、Ⅱ自国に残り多々い続けるどちらを選びますか?またその理由も教えてください。

③あなたは海賊です、極悪です。間違いありません!!!!!
そんなときPKKに合いました、そのPKKは仕様の許す範囲何でもやってきます。収奪紙、関係ない人(白名前)、拿捕した後も連続で仕掛け拿捕し続ける等等、
そんな、相手をあなたらなどう対処しますか?

ウフフf
*あれだったら華麗にスルーして
  1. 2006/07/03(Mon) 22:02:45 |
  2. URL |
  3. [ Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/07/04(Tue) 02:27:57 |
  2. |
  3. [ Edit]

↑の瞬ちゃんのコメント

お頭じゃないけど俺ならこうします
①イングランド、ヴェネツィア、ポルトガル

②無いとは言い切れない、俺の頭からイングランドの聖ジョージ旗が消えることは永遠に無いです。

③今後、海賊行為からは一切、永遠に足を洗います。が、襲ってくるなら地獄の底まで逃げ続けます
  1. 2006/07/04(Tue) 15:50:31 |
  2. URL |
  3. 失われし時
  4. [ Edit]

コメント有難う。
このブログを通じて、心に通じるものがあればいいなと思います。

そしてこのブログを通じて、みんなの想いが伝わってくれればと。



空気の嫁無い瞬を過ぎた人はヌルーで。
  1. 2006/07/04(Tue) 18:46:12 |
  2. URL |
  3. ψ銀髪の紫冬ψ
  4. [ Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/07/04(Tue) 22:46:36 |
  2. |
  3. [ Edit]

胃潰瘍で死んでましたorz今日か明日には復帰予定
  1. 2006/07/05(Wed) 16:16:16 |
  2. URL |
  3. げお
  4. [ Edit]

ええ、空気読めない子ですいませんorz

銀の人もいろいろ考えてるんだなーなんぞとブログを読ませてもらいっますよ!

また


|@) チッラ

と覗きに着ますね!


空気読めない子なのはデフォなんで許してください
  1. 2006/07/05(Wed) 18:18:54 |
  2. URL |
  3. [ Edit]

この記事を読んで「自分の目は死んでる」と感じました。
初めてMMOの世界に降り立ったときのように生き生きとプレーしたいです。
目標を再発見させてもらいました。ありがとうシドさん
  1. 2006/07/07(Fri) 06:33:52 |
  2. URL |
  3. PLE
  4. [ Edit]

チラっと覗いてしまった通りすがりのものですが、
私は、初めて海賊に襲われた時、頭に血が上り、
激しく怒りに燃えましたが、
戦闘後、
「そうか、コレも大航海なのね!」と考え直しました。
未だに、戦闘は逃げるだけですが、
ピリリとした大航海のスパイスとして、海賊のみなさんガンガレー!!
航海中に出会わないことを祈りますw
  1. 2006/07/07(Fri) 09:51:39 |
  2. URL |
  3. じん○え
  4. [ Edit]

久々復帰したけど。
俺は修正じゃねえぜ??

今はエウロスサーバさ^^
ははは
  1. 2006/07/08(Sat) 03:07:38 |
  2. URL |
  3. 男根
  4. [ Edit]

はじめまして。

銀シドさんとは全く関わったことは無いイスパ国籍の冒険者です。
かなり前にロンドンの広場で初心者のコに
操作方法など細部にわたり、とても親切に教えてあげてるのを見ていました。
  1. 2006/07/16(Sun) 16:45:30 |
  2. URL |
  3. りびえーる
  4. [ Edit]

すみません;;

上の途中で送信してしまったので消してください;;
  1. 2006/07/16(Sun) 17:03:24 |
  2. URL |
  3. りびえーる
  4. [ Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/07/16(Sun) 17:29:18 |
  2. |
  3. [ Edit]

まったく関係のない人間なのだが発言を許してくれ。
俺は、皆のコメントを見てきたが、これほど気持ちがこもった商会はないと思う。
これほど凄いと思ったのも初めてだ。
管理人さんも、愛されているようで^^
ちょっとジーンと来た、エウロスの海賊からでした。
  1. 2006/07/25(Tue) 11:53:21 |
  2. URL |
  3. 将雄
  4. [ Edit]

先日はお世話になりました。
たまにブログを拝見させていただいております。

こういう出会いと別れは切ないですね・・・
フレの方、目標がなくなってしまい、がっかりされたかもしれませんが、また戻ってこられるといいですね。
大航海にはもっと他にも夢が見つけられると思うので。
  1. 2006/08/01(Tue) 18:05:22 |
  2. URL |
  3. リカーシュ
  4. [ Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/09/12(Tue) 02:33:38 |
  2. |
  3. [ Edit]

>こんな俺を目標として、立ち上がってくる若人がいつか俺の前に姿を現すまで


って2年かかったけど俺は銀シドの前に立ったぜ。
世界は違うが俺の憧れの海賊の1人だった。
消えてしまったのは非常に残念だけど、気が向いたらいつでも遊びにきてほしい。

俺はイングランド無差別海賊。
竜殺しの意思を受け継ぐ者だ。
  1. 2008/12/23(Tue) 00:49:26 |
  2. URL |
  3. Gungnir@B鯖
  4. [ Edit]

>Gunちゃん

銀シドさんは消えてしまいましたが、CoCoLuLuで絶賛活躍中なのでいつでも来てくださいな。
つーわけで遊びに行ったのでよろしくね、えへ
  1. 2009/01/02(Fri) 03:13:45 |
  2. URL |
  3. しど
  4. [ Edit]

Comment Post


Secret Comment

Trackback

Trackback URL
http://shidoooo.blog53.fc2.com/tb.php/123-27a55414
Trackback for this article(FC2blog user)

プロフィール

ぎんしどさん

ぎんしどさん
あえて言おう、カスであると!

mixiはこちらから。

カウンター

カテゴリー

過去ログ

最近のコメント

著作権表示

このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。                     Copyright (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.